ホーム > > 特集:社会・生活 > 知りたい!ヨソの食費事情

節約のコツから悩みどころまで 知りたい!ヨソの食費事情

節約のコツから悩みどころまで
知りたい!ヨソの食費事情

「毎月の食費、みんなはどれくらいをどんなふうに使っているの?」。こんな質問を読者アンケートで聞きました。読者の買い物にも同行し、節約のコツや食の悩みもリサーチ。専門家にアドバイスももらいましたよ。



話を聞いたのは…

子育て中の女性を対象とした講演や、学校での金銭教育などに携わる。ブログ「ママFP宮野真弓の☆HAPPY Life☆」=http://ameblo.jp/fp-minoria/

健康的で心豊かな食生活を提案。レシピ提案・雑誌やウェブマガジンでのコラム執筆など幅広く活動中。 http://tfl-direction.com/



読者の実例1 ムダ買いを防いで毎月の平均は2万円!

右京区・Kさん夫妻。ともに30代の正社員。残業で帰宅が遅くなることもあり

「月々の食費が平均2万円前後」というK家。その数字の秘密は、次の点にあるようです。

①月1回、それぞれの実家から交替で、野菜や果物、調味料などの食材が送られてくる
②2人ともお酒をほとんど飲まない。缶ビールを月1本買う程度
③会社の同僚や友人との外食は「交際費」扱い
①②はすべての家庭でまねできるものではありありませんが、記者は別の点に注目しました。妻・Mさんがいつも行く近所の大型スーパーでの買い物に同行すると、彼女は携帯電話の画面を見ながら食料品を買い物かごに入れています。

「料理や買い物ができる時間が限られているので、あらかじめ1週間分の献立を考え、買うものをケータイのメモ機能にリストアップしています。お店で献立を考えながら買うと、余計なものを買いがちなので」 食費を節約できた月にはごほうびも。

「2人での外食費も含め上限を3万円と決め、それ以下で収まったら、余った分で買い物をします。先月はホームベーカリーを買いました」

〈ある日の夕食メニュー〉
ホットサラダ(ジャガイモ、ブロッコリー、トマト、ニンジン、鶏肉)/大根とブリの煮物/白米

行く店を絞れば、浪費のカットに

限られた時間内で買い物をしなければならない妻・Mさんがお店を1つに決めているのはいいと思います。
「肉はA店、卵はB店、おやつはC店」など、食材別に安いお店をまわる人もいますが、車で行けばガソリン代がかかりますし、複数のお店へ行くほど余計な買い物が増える場合も(宮野さん)



浮いた食費はぜひ貯金を

お金の貯めどきは、①独身時代②子どもが生まれる前③子どもの義務教育が終了するまで④子どもが独立してから定年までの間。中でも①②は重要。いざというときのための貯金もぜひ(宮野さん)



ミネラル分も取ろう

食事の時間が遅いなら、品数はこれで十分。野菜に海藻類やキノコ類など、低カロリーでミネラル豊富な食品を加えると、なおよいと思います(吉村さん)

社会・生活 バックナンバー

更に過去の記事はこちら »

このページのトップへ